交通事故時の等級

後遺症があると認定された場合には、当然慰謝料をもらうことが可能です。それが後遺障害等級なのですが、これがとても重要になります。後遺障害等級は1級から14級まで存在していて、1級が最も重い状態です。1級になるケースは少ないのですが、14級になるケースは多くなっています。そのため、後遺障害等級に関しては、14級を覚えておくとよいでしょう。

後遺障害等級に関しては、インターネット上でも詳しく情報が記載されていることが多いですし、弁護士事務所のホームページにも記載されていることがあります。しかし、覚えておくことはたくさんあるので、全て覚えるのは難しいでしょう。そこで重要な点は、慰謝料の平均相場がいくらぐらいなのかという点です。条件などは弁護士に相談しておけば問題ありません。ちなみに後遺障害等級の14級は、自賠責保険の場合には30万円、任意保険の場合には40万円となっています。

しかし、弁護士に依頼することで大幅に相場が高くなっているので、やはり依頼しておくべきでしょう。ちなみに弁護士に依頼した場合の平均相場は110万円となっています。これだけでも覚えておけば、交渉するときの役に立つでしょう。もっと覚えておきたい場合には、13級から10級ぐらいまで覚えておくと便利です。後遺障害等級について弁護士に相談をする被害者も多いのは、保険会社との相談以外にも、後遺症というのが存在しているからでしょう。当サイトでは交通事故で受けた後遺症で弁護士に相談する重要性についてお知らせしていきたいと思います。

loading
×