手続きの流れ

交通事故による後遺症で等級認定をしてほしい場合には、当然所定の手続きを行う必要があります。どのような方法で手続きを行うのかというと、まずは病院で治療を行います。ケガによってはこれ以上治療をしてもよくなる見込みがないこともあるでしょう。これを固定症状というのですが、これが後遺症になります。この固定症状になったときに、医師に診断書を作成してもらうことで、手続きが可能になるのです。

そのため、後遺障害等級認定にはかなり時間がかかると言えるでしょう。通常は半年前後かかると言われています。この後遺障害診断書を保険会社に提出することで、保険会社は損害保険料率算出機構へ書類を送付します。損害保険料率算出機構でいろいろと調査を行い、保険会社の方へ回答が寄せられるのです。その結果を被害者に報告するのですが、必ずしも納得がいく結果になるとは限りません。

そんなときこそ弁護士の出番でしょう。一般の人では、異議を申し立てることはできても、スムーズに交渉できない場合が多くなっているのです。実際には異議を申し立てる人もいるのですが、結果に納得をする人もいます。まずは手続きの方法を理解しておき、後は弁護士に任せてしまうというのが最も楽な方法だと言えるでしょう。

loading
×